淋病になってしまって長引いた闘病記

30代の頃のお話です。友人が同時期に風俗で淋病をもらい、大笑いしたことがあります。絶対同じ風俗嬢に当たったんじゃないかと言われていました。わたしはおかげさまで風俗嫌いだったので、淋病なんて他人事だと思っていました。その時までは。

ある日合コンで気の合った女の子とその日にお泊りすることができました。そして避妊具なしでしてしまったわけですが、次の日、排尿時に痛みを感じました。まさか自分が性病にかかるとは思っていなかったので、まあそんな日もあるかと気にしませんでした。

しかし次の日もやはり排尿時に痛みがあります。これはおかしいと思い、下着をよく見たらなんだか白っぽい膿のようなものがついています。これはもしかしたらあの時にうつされたのかも、と不安になり、泌尿器科の門を叩きました。

先生は何食わぬ顔で、「あー、淋病だね。遊んじゃった?」と言いました。
投薬ですぐ直るというので薬を飲みましたが、どうも違和感があります。痛みはなくなったのですが、なんかつっかえるような感じです。先生に相談すると、「非淋菌性尿道炎だね」と言われました。

淋病は治ったようなのですが、尿道炎になってしまったようです。そしてまた投薬を続けたのですが、どうにも違和感が止まりません。違和感といってもよくわからないかもしれませんね。排尿時痛みを感じるわけでもなく、膿も出るわけではないのですが、どうにも前と違った感じがするのです。しいて言えば尿道が狭くなったというか、つっかえるような感じです。

ちょっと心配になったので、別の泌尿器科に行きました。泌尿器科では有名な先生だそうで、なんかちょっと偉そうなひとでした。ちょっと学者肌みたいな感じです。

そこでは「前立腺炎だね」と言われました。「前立腺炎はね、競馬の騎手とかに多くて、英語で「ジョッキーズ○○」って言うんだよ」と得意げに話してくれました。なんかどんどん悪くなっていくようで不安になりました。そして前立腺炎なので前立腺マッサージをするというのです。

「前立腺マッサージ」というと一時風俗でも流行りましたよね。これが気持ちよくもなんともなく、ただ痛いだけです。理由は直腸に指を突っ込まれるだけで痛いし、炎症を起こしている前立腺をグイグイ押すのでダブルの痛みです。何の意味があるのかわかりませんが、毎回痛みに耐えていました。

最初は普通の淋病だったのに、何が悪かったのかどんどん変な方向に悪化してしまいました。割と治りやすいと言われている淋病でもこのザマです。みなさんも病気になったら早めに専門医に診てもらうことをお勧めします。